筆の持ち方

書において筆の持ち方で多くの方が勘違いしております。

筆の大きさ、書く書体に応じて変化させます。

お習字は、指2本かけて筆は常にまっすぐというのは、あまりにも時代錯誤です。

そこだけに縛られてる人に上手な方を、見たことがないです。

筆を立てなければならないのは勿論基本です。そうでないと細い線は書けません。しかしながら、最初の打ち込みの部分ではどうでしょう。

右払いをするために、筆を捻らなければできない筆もあります。

要は、基本は筆を立ててですが、自分のスタイルにあった書き方を模索する必要がありますます。

ここから先は、マニアックな話になりますので、ここまでにしておきます笑

広告